外壁塗装に使う塗料の種類は数多くある

外壁塗装に使われる塗料は数多くあります。アクリル系は価格が安いですが耐久性が低く、こまめなお手入れが必要です。ウレタン系は密着性に優れていて塗装の剥がれている箇所におすすめです。シリコン系は現在主流で価格と耐久性のバランスが高く人気があります。フッ素系は価格が耐久年数は高いですが長期的に考えると安さを感じることができます。大きな家に住んでいる人におすすめです。遮熱系には太陽熱防ぎ外壁・屋根のい表面温度を下げる働きがあります。室内温度も下げ光熱費を抑えることができ省エネに繋がります。光触媒系は認定施工店でなければ取り扱いができず、太陽光で汚れを浮かせ雨で洗い流します。汚れがつきにくくなり遮熱効果もあり、空気浄化する効果もあります。一番人気はシリコン系は3種類に分けることができます。水性1液型は耐久性、密着性は油性と比べて劣ります。ホームセンターなどで販売されている水性と同等品で、大手メーカーが主に使っています。扱いやすく環境への負担が少ないです。溶剤1液型は水性より耐久性が高く現在主流になっています。一般的な塗装店で最も使われていてホームセンターなどで販売されている油性と同等品です。溶剤2液型は使用するときに硬化剤を混ぜる必要があります。耐久性、密着性共に優れていてプロが使用する一級品です。外壁塗装工事をする人の多くがシリコン系を選択し種類によってさらに仕上がりも異なります。各塗料メーカーから類似している塗料が販売されていますがいろいろあって迷ってしまいます。通常は現場を見た業者が仕様を決めていきます。